「ほっ」と。キャンペーン

<   2004年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

La Festa di Natale 2004

Questa e’ la festa di Natale che abbiamo fatto il 12 dicembre ’04.
Abbiamo trascorso veramente una splendida?giornata ,mangiando piatti buonissimi al ristorante “ da Ivo “ . Eravamo 83 persone.

2004年12月12日に開催したクリスマスパーティーを報告いたします。
83人のみなさんといっしょにイタリアレストラン「ダ・イヴォda Ivo」でおいしい料理と楽しい時間を過ごしました。
e0170101_1205343.jpg

Sono venuti anche mio figlio Yuri e i suoi piccoli amici e si sono divertiti tra loro, senza accorgersi della confusione degli adulti.
私(カーティア)の息子の勇吏とその小さなお友だちも参加しました。大人の喧騒をよそにまるで天使のように無邪気なバンビーニたちでした。
e0170101_1212380.jpg

Marco, il fiore della festa, da vero italiano, e’ venuto vestito con un bellissimo abito a coda. E naturalmente e’ stato al centro dell’attenzione delle ragazze. Guardatelo mentre si anima nella conversazione, spalancando la bocca!!
パーティーに華を添えてくれたマルコ先生。丈の長いかっこいいスーツを着てこられました。さすがイタリアーノ!そんなマルコ先生は、今日の人気者!お口を大きく開けて皆さんとたくさんおしゃべりして盛り上がっていましたね。
e0170101_1215723.jpg

Anche questa volta Mika, che frequenta l’Universita’ delle Belle Arti di Tokyo, ha cantato per noi con una voce divina l’Ave Maria, rendendo l’atmosfera della festa ancora piu’ natalizia.
今回もpiazzaItaliaの生徒で芸大に通う美香さんが美しい歌声を披露してくれました。彼女の歌うAve Mariaに魅せられて、クリスマスパーティーにふさわしい聖なる雰囲気に包まれました。
e0170101_1223866.jpg

Nives e’ venuta in minigonna!!Wow…che meraviglia!! Peccato che non si vede in foto. Era proprio bella!
ニヴェス先生はミニスカートを着てきました!初めて見るミニスカート姿にみんなから感嘆があがりました。写真で見えないのがざんねぇ~ん。本当に可愛かった!
e0170101_123781.jpg

Ecco Mika che ci ha cantato "O mio babbino caro". Bravissima! Ha coinvolto tutto il pubblico!!!
この後、生徒のみなさんと「きよしこの夜」をイタリア語で歌いました。アレッサンドロ先生も歌っていましたか?恥ずかしくて歌声が小さかったけど、やっぱりクリスマスには「きよしこの夜」!
e0170101_1234728.jpg

Marco con due fiori di ragazze!
マルコ先生、両手に花!
e0170101_1241668.jpg

Tutti insieme abbiamo giocato a tombola.
みなさんとTombola(ビンゴゲーム)で盛り上がりました。
e0170101_125233.jpg

Verso la fine della festa, Ivo, lo chef del ristorante, ci ha cantato “O sole mio” con tutta la passione da napoletano. Grazie Ivo! Grazie anche per la cucina e il servizio.
そして、パーティーの最後には、レストランのシェフ イーヴォさんに”O sole mio” を熱唱して頂きました。
本場ナポレターノの情熱的な歌声にしびれました!イーヴォさんありがとうございました。お料理もサービスも満足でした。
e0170101_1252478.jpg

Grazie a tutti per aver partecipato alla festa!
パーティーに参加くださった皆様、ありがとうございました。
[PR]

by piazzaitalia | 2004-12-12 11:56 | イベント | Comments(0)  

Trieste -Matteo

Trieste la mia citta’ natale, e’ una citta’ con poco piu’ di 250.000 abitanti. Vi consiglio di visitarla, se non altro per l’ambiente naturale incontaminato che caratterizza il tratto di costa a nord della citta’, completamente differente dalla tipica costa adriatica sabbiosa e piatta.

Trieste e’ Adriatico ma niente a che fare con Rimini, Riccione, ombrelloni, discoteche e carnaio umano. La costa di Trieste e’ rocciosa, l’acqua e’di un blu intenso che ricorda la vicina costa dalmata, come potete vedere nella foto scattata dal castello di Duino. Il castello di Duino e’ situato a 15 chilometri a nord di Trieste. E’ famoso per il panorama e perche’ vi abitava il principe di Torre Tasso, che in tedesco si dice “Form und Taxis” e che sembra essere l’inventore delle tasse e del taxi.

Ovvero, i tributi e le imposte esistevano da molto prima, ma la parola “tasse”, come anche “tassametro” e “taxi”, derivano dal nome di colui che invento’ un particolare sistema di corrieri postali che divento’ popolare in tutta Europa nel XVII secolo.

La cucina triestina e’ vicina alla cucina veneziana ma ha anche qualche influenza austriaca e slovena. Questa e’ una foto di mia nonna che ci ha preparato i sardoni impanati.

Il sardone e’ un tipico pesce del golfo di Trieste, grande come il dito di una mano, che si aggira in branchi e viene pescato con le reti. In pratica e’ cio’ che in italiano si chiama sardina. Attenzione pero’, niente a che fare con la sarda, che in triestino si chiama sardella. I triestini si sentono molto legati al sardone, e a meta’ agosto c’e’ il Sardon Day, una grande festa in cui si mangiano sardoni e si vedono concerti. In dialetto triestino “buttar el sardon”, ovvero “buttare il sardone”, significa corteggiare una ragazza. Questa espressione deriva probabilmente dal fatto che I sardoni vengono utilizzati anche come esca, per pescare pesci piu’ grandi. A Trieste i sardoni costano poco, nei giorni successivi a una buona pescata si possono trovare anche per un euro e mezzo al chilo, cioe’ per 200 yen al chilo. Nella foto vediamo la mamma e il papa’ che controllano i sardoni.

トリエステは私の生まれた街で、人口が25万人くらいです。街の北の海岸は、まだ汚染されていない自然の環境が残っているので、是非一度訪ねてみてください。その海岸は、平らな砂浜の典型的なアドリア海とはまったく違います。
e0170101_11534719.jpg

トリエステはアドリア海に面しているけど、リミニ、リッチョーネ、浜辺のパラソル、ディスコ、そしてごった返す人々とは全く関係がありません。
トリエステの海岸は岩礁で、海はダルマチアの海岸を思い起こすような深い青です。ドゥイーノ城から撮った写真を見てください。ドゥイーノ城はトリエステから北に15kmにあります。景色とトッレ・タッソ王子が住んでいましたことで有名です。
e0170101_11541385.jpg

彼の名前は、ドイツ語で“Form und Taxis”と呼び、tasse(税金)とtaxi(タクシー)の発明者だと言われています。以前から納税の仕組はありましたが、“tasse” “tassametro” “taxi” という単語は17世紀に全ヨーロッパで一般的になった郵便システムを発明した人の名前(トッレ・タッソ王子)に由来しています。

トリエステの料理は、ベネチアの料理に似ていますが、オーストリアやスロベニアの影響も受けています。この写真は、私の祖母がサルドーニ・インパナティ(イワシの天ぷら)を作っているところです。
e0170101_11513954.jpg

サルドーネは、トリエステ湾で捕れる魚です。指くらいの大きさで、群れで泳ぎ、網で漁獲されます。イタリア語では、実際はサルディーナと言います。トリエステの人々は、サルドーネをとても身近に感じています。8月のなかば頃にはサルドーニの日があります。
e0170101_11545619.jpg

サルドーニを食べたり、コンサートを催したりする大きな祭りです。トリエステの方言には“buttar el sardon”という言葉があります。イタリア語では“buttare il sardone”(サルドーネを投げる)、女の子を口説くという意味です。この表現は、サルドーネがもっと大きな魚を捕まえるために使われる餌であることからたぶん由来しています。トリエステでは、サルドーニはとても安価です。連日たくさんの漁獲量があり、1ユーロで500gくらい買えます。つまり200円で1kgです。写真では、母と父がサルドーニをチェックしています。
e0170101_11531620.jpg

[PR]

by piazzaitalia | 2004-12-01 11:45 | コラム | Comments(0)