<   2008年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

パスクアのセミナー -Seminario Pasqua-

Silvia先生のパスクアについてのセミナーが、3月23日と30日の2回開催されま した。
参加された生徒さんから、セミナーの感想が届いています。

e0170101_12313756.jpg
e0170101_12315046.jpg
e0170101_1231574.jpg
e0170101_12324100.jpg

23日に参加されたゆかりさん(生徒)の感想文

Pasquaって何?
 Pasquaってなんだろう?日本人が知ってるキリスト教の祝日だと、クリスマスにバレンタイン・・ハロウィーンもそうだっけ?
イースター、復活祭、聞いた事はあるけどなぁ・・今年は3/23、ふ~ん日にちが決まってないんだ。で、パスクアって何?
 
 piazzaItaliaにいってシルヴィア先生に聞いてみよう!
 3月23日 日曜日 スペシャルセミナーに参加した。少し難しかったけど パスクアの起源・・キリストの復活を祝う日だけれど、実は聖書の出エジプトにある事、そして日にちの決め方(春分の後の最初の満月の次の日曜日) ムズカシ~!家に帰ってから聖書の出エジプト記を読んでみた。
 
 なるほど モーゼの話か・・それから、いろいろなシンボルの話、日本でもたまに見る イースターエッグがなぜシンボルか教えてもらえた。えっ?ウサギもシンボルなの!知らなかった、うれしいな私はウサギ年(関係ないですね)

  皆で受難曲も聞きました。とても美しい 血管の中に音が入ってくる感じ。
  でも一番楽しみだったのはtorta pasqualina!やっぱりお祭りにはおいしい物がなくては、これは日本も同じ。それからワイン(私の恋人)シルヴィア先生の手作りのtortaで乾杯!
 私も生きかえった気がする。来年は自分で作ってみよう。これからは春になるとPasquaの事を思うのかしら?イタリアの人が大切にしている事を、また一つ知る事ができた。

 その国の事を知る為には、その国の文化を知る事が大切で、文化の重要な 事が宗教だと思う。誰かの事を知る為には、その誰かが何を大切にしているかを解る事がとても大事。そう思った春の日でした。
 
 新しい事を知る度にイタリアへの思いが強くなる、これからも新しい事を おしえてね!Katia先生、Silvia先生よろしく!

ゆかり

e0170101_12325812.jpg
e0170101_1233482.jpg
e0170101_12331127.jpg
e0170101_12331785.jpg

30日に参加された香織さんの感想文

 去る3月23日と30日にSilvia先生によるPasquaについてのセミナーがあり、私は
30日の会に参加しました。
 
 Silvia先生お手製のtorta pasqualinaを食べてみたいというのが、一番の参加理由で、実際にはそれほどPasquaに興味があったわけではありませんでした。
 Scusami, Silvia.. (でも私と同様に料理セミナーと思ってエプロン持参でいらして方も…)
カトリック教徒でない私(達)にとって、キリストの受難、復活の物語はイタリア語では難しすぎ、日本語でも普段使わないような言葉が多く、(日本語で帰依と言ったのをChi e’?だと思ったり、バッハの発音が違うので何のことだろうと思ったり)先生も私達も四苦八苦しましたが、内容はとても興味深いものでした。
 
 講義はまずパスクアが移動祝祭日であるということ(23日は丁度今年のPasquaでした)、ユダヤ教徒にとってのパスクアとキリスト教徒にとってのパスクアの意味の違い、パスクアのシンボル、花、復活祭前の44日間 “Quaresima”、及び前1週間 “Settimana Santa”や “Giovedi Santo”, “Eucarestia”等の説明がありました。

 そしていくつかの絵を観たり、バッハのマタイ受難曲の何章かを聴いたりしながら、何故キリストが処刑されたのか、どのように甦ったのかというお話を伺いました。そして”Il bacio di Giuda” “Ecce Homo”等のmodo di direも覚えました。
 
 キリストが埋められた墓地でなく、別の場所で甦ったことから、カトリックの人達がパスクアにはいつもと違う教会に行ったり、街を出てピクニックに行く週間があるということも知りました。とにかくイタリア人にとって、パスクアがとても大事な日で楽しみにしている日だということがSilvia先生の熱弁を聴いていて良くわかりました。
 約1時間半の講義のあと、ようやく美味しいワインと共にお待ちかねのTorta pasqualinaが登場しました。パスクアのシンボルの1つ、新しい生命を意味する卵の入ったとても可愛くて美味しいタルトを参加者全員でいただきながら、1時間ほど和やかにお喋りを楽しんでセミナーは終了しました。
 有意義な時間が過ごせて、このセミナーに参加出来て本当に良かったとおもいます。

Silvia, grazie mille per il seminario molto interessante e per la torta buonissima. Ho sentito che hai comprato il forno proprio per quel seminario. Dopo due settimane ho fatto questa torta da sola. Il ripieno e’ andato bene, ma non sono riuscita a impastare bene la pasta. Era mangiabile ma era un po’ dura. Cosa ho fatto male? La prossima volta facci vedere come si cucina con il video, per favore.
E poi grazie Mayuko, con il tuo aiuto ho potuto ricordare come era il seminario. I tuoi suggerimenti sono stati perfetti.

Kaori
[PR]

by piazzaitalia | 2008-03-13 12:28 | イベント | Comments(0)