「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

SEMINARIO SULLA PUBBLICITA'


e0170101_17301953.jpg

e0170101_17304387.jpg

2月21日と3月7日に行われたアントニオ先生による第2回目のイタリアの広告についてのセミナーに参加しました。
昨年行われた1回目のセミナーのテーマは、”L’immagine Italia”で洗濯洗剤、自動車、銀行、パスタのTVCMにイタリア各州の集客ポスターと多岐にわたる内容の紹介でしたが、今回(第2回目)のテーマは2日間ともイタリアの伝統的な食品の広告についてでした。
計4つのCMを見て、印象を述べ合ったり、作り手のメッセージを汲み取ったり、それぞれの食品の製造工程についても勉強しました。
ほんの数分のCMから、イタリア人の考え方、文化、センス、ユーモアなどを知ることができ、その上文法まで勉強できて、とても有意義なセミナーでした。
2日目のセミナー終了後、初日に見たチーズとハムのコマーシャルに因んで先生が、おいしいモルタデッラとコッパ、パルミジャーノレッジャーノとアルプス地方のチーズ、それに2日目に勉強したバルサミコ酢、そしてワイン(ランブルスコ)を持って来て私達にご馳走してくれました。セミナーが、”il nostro lunch nel nostro loft”(CMの中の台詞から)に変わりました。昼間にいただくワインはことさら美味しくてお喋りもはずんで楽しかったです。 Antonio先生、ありがとうございました!!!!!
先生のセミナーはいつも説明がわかりやすく面白くて、とても為になります。
次回は是非みなさんも参加してみてください。
もしかしたら、またおまけの楽しみがあったりするかもしれません。

Kaori

Ho partecipato al secondo seminario della pubblicita’ italiana che ha fatto Antonio al 21 febbraio e al 7 marzo.
Nel primo seminario il tema era: “L’immagine Italia” e Antonio ci ha presentato varie pubblicita’ televisive: il detersivo, le macchine, le banche, e la pasta; poi i cartelloni per i turisti d’ogni regione. Ma questa volta (secondo seminario) il tema era quello dei prodotti italiani tradizionali.
Abbiamo visto 4 video, poi abbiamo discusso le nostre impressioni e abbiamo pensato ai messaggi dai produttori. Era pubblicita’ in cui in pochi minuti abbiamo potuto sapere e capire il modo di pensare, la cultura, il senso e l’umorismo degli italiani.
Inoltre abbiamo imparato le produzioni d’ogni prodotto studiando anche la grammatica.
Alla fine del seminario Antonio ci ha portato e offerto i prodotti che abbiamo visto: due prosciutti (la mortadella e la coppa), il parmigiano-reggiano e un altro formaggio, l’aceto Balsamico e il vino Lambrusco.
Abbiamo reso creativo “il nostro lunch nel nostro loft”. Era un’ottimo pranzo.
Antonio, grazie mille!!!!!
Il seminario di Antonio e’ sempre interessante ed utile. Ci spiega molto bene cosi divertendoci possiamo imparare tante cose. Vi consiglio di partecipare la prossima volta. Scommetto che ne vale la pena! Per caso ci sarebbe un altro divertimento speciale!?

Kaori
[PR]

by piazzaitalia | 2010-03-16 17:30 | Comments(1)  

イタリア民話集

イタリアの文字が目に飛びこんでくると、つい反応してしまいます。
というわけで、「イタリア民話集(上)」読んでみました。(もちろん日本語)

Italo Calvinoのという人が、1956年に出したものの抜粋です。
200篇の中の北イタリアの35篇です。

王様、女王様、王子様、お姫様emoticon-0171-star.gifがいっぱい登場するのは
さすが、日本と違います。あと魔女も本当に多いです。

で、貧しくても正しい心の持ち主が
王子様やお姫様と結婚、末永く幸せに暮らしました、めでたし、めでたしというものも
かなりありますが、
e0170101_1814827.jpg

えっ?ちゃっかり者が得する結末?emoticon-0104-surprised.gifとか、殺されてしまったりとか、emoticon-0106-crying.gif
ちょっと想像できない展開のものも多いです。

なかなか興味深いです。

というわけで、次は南イタリア(下)を読んでみようと思っています。

Maki
[PR]

by piazzaitalia | 2010-03-12 18:02 | イタリア | Comments(0)  

MARIA先生

Forse pochi conoscono Maria先生 percio' vorrei farvi vedere alcune sue foto mentre fa lezione.
Guardate che bella ragazza che e'!

Katia


たぶん少しの人しかMaria先生を知らないと思うから、授業の時の写真を見せたいなと思います。
キレイな先生でしょ!

カーティア

e0170101_1414474.jpg

e0170101_1352566.jpg

e0170101_13524766.jpg
e0170101_1353542.jpg

[PR]

by piazzaitalia | 2010-03-06 14:01 | 学校 | Comments(0)  

mimosa

こんにちは。
ピアッツァイタリアに入ると、目にも鮮やかな黄色が飛び込んできます。emoticon-0155-flower.gif

ミモザです。
日本ではいまひとつ知名度が低い感じですが、
ヨーロッパでは長い冬が終わって、ミモザを街角で見かけたら
"春が来た~”emoticon-0157-sun.gifという感じになるではないでしょうか。

3月8日は国際女性デー。
特にイタリアではLa festa della donna(女性の日)といって
男性から女性へ感謝の気持ちを込めてミモザの花を贈るそうです
(正しい情報?大丈夫かしら?)
私は贈られたことはないですがemoticon-0136-giggle.gif
ビタミンカラーは元気が出る感じでいかにもイタリアemoticon-0102-bigsmile.gif

日本の桜とはまた違った春ですね。
Maki
e0170101_167353.jpg

[PR]

by piazzaitalia | 2010-03-05 16:08 | 学校 | Comments(0)