人気ブログランキング |

フィレンツェ プチ留学 【その5】

こんにちは、受付のKeikoです。

みなさんは、夏休みはどこかに出掛けられましたか?

私は実家の大阪で、ゆっくり1週間過ごしてきました。

先生同士の会話の中で、時々dialetto(方言)を耳にしますが、

ひさしぶりに大阪弁ばかりで話していたので、

しばらくは「標準語」⇔「大阪弁」と混ざってしまいそうです042.gif

さて、数回に分けて書いてきた「フィレンツェ プチ留学」も
今回が、最終回です072.gif

最後に、私が参加した「ヴァザーリの回廊ツアー」について
書きたいと思います。

「ヴァザーリの回廊」とは・・・

16世紀半ば、メディチ家の当主コジモ一世が建設を命じた
メディチの一族だけが市内を安全に通行できる空中回廊です。

自宅(現ピッティ宮殿)と執政所(現ウフィッツィ美術館)を結び
この回廊の長さは約1kmにも及びます。
今日では設計者の名前取った「ヴァザーリの回廊」と呼ばれています。

回廊内部には、ルネサンス期の偉人達を含む肖像画が数多く並び、
また、窓からはフィレンツェ市内の様子を見下ろすことができます。
ヴェッキオ橋を渡りきった突き当りには短い分岐もあり、
メディチ家の人々が外に出なくても礼拝できるように作られた
サンタ・フェリチタ教会内部のメディチ家専用バルコニーも
みることができます。    (インターネットより抜粋)

留学中に、ホームステイをしていた家族からこの回廊の話を聞き
「行って見たい!!」と思っていましたが
普段は一般公開をしておらず、なかなか見ることができませんでした。

うわさによると、今年の10月から約2年間ほど修復に入るそうで
(きっとイタリアなので、2年と言っておきながらどんどん延びるだろうと予測し…028.gif
今回は、ツアーに参加してみました。

このツアーは、ウフィッツィ美術館とヴァザーリの回廊を
日本人ガイドの方の説明を受けながらまわります。

ウフィッツィ美術館は、何度も訪れていますが
やはりプロの方の説明をきくと「そうだったんだ~!023.gif」と
新たな発見もあり楽しかったです001.gif

一通り美術館をまわった後は、いよいよヴァザーリの回廊です。

フィレンツェ プチ留学 【その5】_e0170101_1721316.jpg

↑↑<ちょうどヴェッキオ橋の上の窓がついている部分が、回廊になります>↑↑

美術館のスタッフが付き添い、ヴァザーリの回廊に続く扉の鍵が開けられます。
少人数のグループごとにしか、この回廊の見学はできません。
私たちのツアーのグループは7人だけだったので、
ほぼ貸切のような感覚で、ゆったりと見ることができました。

写真をお見せしたいのですが、撮影が許可されているのは
「回廊から見た外の景色」だけなのです。

いつもみているヴェッキオ橋の景色も、ちょっと違って特別に見えましたよ。

フィレンツェ プチ留学 【その5】_e0170101_17251958.jpg

フィレンツェ プチ留学 【その5】_e0170101_17253881.jpg

フィレンツェ プチ留学 【その5】_e0170101_172623.jpg

フィレンツェ プチ留学 【その5】_e0170101_17262485.jpg


またフィレンツェに行く機会があったら、ぜひ訪れてみてくださいね!

お勧めです053.gif

by piazzaitalia | 2009-08-17 21:11 | イタリア  

<< ステキなレストラン☆ イタリア料理教室 >>